<

結婚式の招待状や思い出の品など断捨離中に困ったものの気持ちいい処分方法

断捨離で一番困るところです

断捨離をしているとどぉしても手が止まる瞬間があるんです。

それは結婚式の招待状や思い出の品に取り掛かったとき!!!

こんまり流の断捨離方法では思い出の品などは一番最後に取り掛かる分野となっています。

(こんまりさんよく分かってる~w)

どんな人でも、結婚式の招待状やらアルバムやら昔書いた手紙やら日記やら・・・

見つけた瞬間まず中身を見てしまいますよね??

アルバム 断捨離

懐かしい写真や日記など見始めたらきりがなくて気がついたら

「あれ??半日過ぎてた~なんも進んでないや( ̄ー ̄?)…..??アレ??」

なんて方もたくさんいると思います。私もそうでした。

思い出の品に取り掛かるときは半日は覚悟して取り掛かるといいと思います。

断捨離をする上で一番厄介な部分だし見てみぬフリをしてしまいがちなところですがだからこそちゃんと整理してしまいたいところでもあるんですよね。

捨てたら冷たい人だと思われる

自分にとって必要でもないときめかないものでも、なんとなく捨てられないのって、

捨てたら相手に悪いから~とか思い出の品を捨ててる自分に嫌悪感を抱くとか・・・そんな感情が邪魔をしているんですよね。

全然そんなことないんです!!

思い出の品も、人から頂いたときに品と共にその人から”気持ち”を受け取っています。

受け取った側は「ありがとう!!」という”気持ち”を返しています。

品物だけで見るのではなく、気持ちを相手から頂いた!!と思えば品物を処分するのもそれほど躊躇しなくなると思います。

気持ちよくさよなら~(●´・∀・`)ノ”βyё-βyё☆

 

 

 

 

 

・・・ん~

それでもやっぱり捨てられないわ。。(´・ω・`)ドーシヨォォウ

 

 

 

そんな方は思い出の品を写真におさめておいてもいいと思います。

まぁ最終手段ですが!!

忘れないように写真にとっていつでも見られるようにしておく。

といっても後々そんなに見返すこともないんですがね~w

どうしてもっという方にはいい方法なのかもしれません☆

断捨離をしていても嫌悪感を抱くのではなく、気持ちよく処分したいものです。

ほんの少しの心の持ち方で全然変わってきますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ