<

ミニマリストはフライパンも鍋も最低限で美味しい料理が作れます

毎日いくつの調理器具を使って料理をしていますか??

主婦のみなさん!!毎日の食事の支度って本当に大変ですよね・・・w(´-ω-`)メンドイ

その中で毎日使う鍋やフライパンはいくつありますか??

例えば、圧力鍋やミルクパンのような小さな鍋、サイズ違いのフライパンがいくつもあります!という家庭も多いかと思います。

美味しいビーフシチューを作る為に意気込んで買った圧力鍋。

実際何回使いましたか??

普段あまり使わないから戸棚の奥にしまいこんであり、

・まず取り出すのが面倒

・使った後洗うのが面倒

・また戸棚に戻すのも面倒

・ん??となると普通の鍋でも美味しく出来るから今日はいつもの鍋で作ろう!!

・なかなか出番がなくなる・・・

そして使わないものをしまいこむ=収納が狭くなりますよね。

せっかく高いお金を出して買った圧力鍋を捨てるのはもったいないからとりあえずとっておこう。

このとりあえずが物をどんどん溜めてしまう悪循環になっています。

まずは本当に毎日使っている一軍がなんなのか見直してみるといいかもしれません。

あるもので応用を利かせられるようになる

スポンサーリンク

以前は我が家でも大きな圧力鍋やサイズ違いのフライパンがいくつもありました。

しかし毎日使っているものが何なのか見直してみるとローテーションで使われているフライパンと鍋は合わせてたったの3つだけだと言うことに気付きました。

フライパンは浅形と深形の26cmのもの、鍋は18cmのものが一つです。

ミニマリスト フライパン

これは家族構成によって変わってくるかもしれませんが、今は主人と二人暮らしのためこの大きさで十分です。

圧力鍋は一年に1回使うか使わないかということなので処分。

サイズ違いの大きなフライパンも、大きすぎて逆に使いづらく、パエリアなどそのままフライパンごと出すような料理もほとんどしないので処分。

そんなこんなで合計3つの鍋とフライパンはほぼ毎日と言っていいほどフル稼働しています。

逆にそれ以下だと料理がはかどらないし、それ以上は使いこなせる自信がないので必要ありません。

あれば便利だなと思うものは、なくてもさほど困りません。

ないならないなりに考えて応用しながら料理を作るのも楽しいものです。

そして、数が少ないと管理も楽ちんなんです。( ˘ ³˘)~♪

こっちは~用、これは~用、って分ける必要性もなくなります。

今の私にとってこの3つが適正量なのです。

調理器具が沢山揃っている=料理上手??

テレビで料理上手な人をみると、わたしもああなりたい!!料理上手になるにはあれが必要なんだ!!と物や形から入ろうとしませんかぁ??

実は私もそうでした。

でも実際、調理器具を沢山持っている=料理上手なのでしょうか??

私はそうではない気がします。

その前に家庭料理とは何だろ~と考えてみると、毎日カタカナのつくようなお洒落な料理(パエリアとかビーフストロガノフとか)が出てくるのではなく、一汁三菜で焼き魚、味噌汁、副菜、のような料理を想像しますよね??

主婦が毎日作るものは家庭料理ですよね♡

昔ながらの手の懲りすぎていない和食が日本人の原点で、食べていて一番落ち着きます。

そのような家庭料理を作るのに沢山のフライパンや鍋は必要でしょうか??

そして、料理上手な人って何時間もかけて手の込んだお洒落な料理を作る人ではなく、どちらかというと冷蔵庫にあるもので短時間でささっと簡単に美味しいものが作れるような人だと私は思うんです。

調理器具が沢山なくてもそれは出来るはずですよね。

世の中には便利なものがどんどん出回っています。

情報に流されて、あれも便利!これもあると便利!と買っていくとどんどん物に溢れ、物に支配されてしまいます。

沢山の物のなかで何を基準に物を選んでいくのか、自分の中にしっかりと軸があると本当に必要なものや数を見極められて本当の意味での便利で豊かな暮らしができる。のではないでしょうか?

ミニマリストについての考え方はこちら→ミニマリストは病気だと言われていますが、部屋に何もない、服や持ち物も少なすぎる人はごくわずかです

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ